4月28日 SLばんえつ物語初日

今日からゴールデンウィークに入った。例年ならば南東北はかなり緑が出ているのだが、今年は緑が少なめ。春はかなり遅そうに見える。桜が咲く前に、異常なほど春が早いと言われていたのがウソのようだ。
昨夜富山をたって移動を開始した。夜の天気は快晴で星空だったのだが、新潟に入って朝起きてみるとこれが土砂降り。雷まで鳴る始末。そこで考えた。残りの撮影日数は今日を入れても3日。今日を移動日にしてしまうと目的の秋田まで行っても2日しか撮影できない。更に今年の春の遅さで桜がどの程度咲いているかも分からない。今日は磐越西線を走るSLばんえつ物語号の運転初日。結局、この二日間は磐越西線でSLの撮影に変更した。秋田方面は東京での仕事が終わってから再度出発することに。
 時間は昼過ぎ、すでにSLばんえつ物語は会津に近づいている。居るのは新潟、とても追い着かない。沿線のロケハンをしながら戻ってくるSLを待つ。日出谷駅近くの鉄橋で夕方5時過ぎに本日1本目の撮影だ。天気が悪いせいか気温は低い。駅を発車したSLは白い煙をたなびかせて走っていった。
 SLばんえつ物語号は今年から客車の色を茶色から青い色に変えている。ここ数年で撮りためたストック写真は近いうちに使えなくなってしまう。今年は時間を見つけて磐越西線詣でをしなくてはならなそうだ。

Ph2007042801 青い色の客車に変わったSLばんえつ物語、今日が今年の運転初日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月30日 カシオペアで向谷実さんライブ!

 朝起きるとすさまじい風雨で、いったいどうなるのか?という天気だったのだが、昼になるときれいに晴れ渡った。東京の桜はベストタイミング。きっと朝の雨に耐えられたグループだけが良い場所で花見・・・なのかも。
 2時に尾久駅で編集担当者とJR広報の方と待ち合わせて尾久操車場へ。ヘルメットを借りて出発準備の終わったカシオペアの車両に乗り込む。まずは発車前に車内の撮影をさせてもらう。実はカシオペアに乗るのは初めて。寝台個室の写真をストックしていないので、この機会にきっちりと細部の撮影をさせてもらった。
 4時には上野駅へ向かう。今回同行させていただく向谷実さんはすでに到着していた。この向谷さん。フュージョンの“カシオペア“のキーボードとして有名なのだが、最近では”鉄“としても有名で、タモリ倶楽部などの番組で楽しませてくれている。もちろんトレインシュミレータでも有名だ。ホームで乗り込みのカットを撮って、スイートに乗り込みようやく向谷さんとご挨拶&撮影の打ち合わせ。ここで向谷さんがPCを持ち出して「こんなのはどうでしょう?」とカシオペアをイメージした曲のライブをしてくれたのだ。観客は私とライター氏、向谷さんの奥様の3人。もう、いきなり大感動。いやぁもう、カメラマンやってて良かった!! 撮影を続けつつ、カシオペアは北へ。

Ph2007033001 尾久操車場でカシオペア編成の撮影

Ph2007033002 上野駅に着くとすでにカシオペアは出発準備終了

Ph2007033003 夜のロビーカー。豪華さはなかなかのもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月14日 日本海は大阪へ

 昨夜遅れて出発した特急日本海、だいぶ遅れを取り戻したものの、やはり1時間以上の遅れで朝を迎えた。残念ながら天気はイマイチ。新疋田のループ線や琵琶湖の車窓を撮りたかっただけに厳しい。もちろん現状ベストで撮影を続けて大阪駅に到着。今日の午後から東京で仕事のある川島さんと別れてホテルに向かう。
 まだチェックインの時間には早いので、荷物だけを預けて余った時間で路面を走る電車、京阪石山坂本線にスナップに行く。これがまた取材ではなくて気がぬけたのかホテルにCFカードを忘れる大失態。ポケットに入っていたコンパクトデジカメのSDカードを使ってなんとか撮影する。カードを取りにホテルへ戻り京都駅へ。明日乗る予定の“あかつき&なは”をスナップして終了。

Ph2007031401 富山あたりで夜明け。天気はもうひといき

Ph2007031402 福井で積み込んだ駅弁で朝ごはん

Ph2007031403 川島さんもこの時はのんびり(川島さんから掲載の許可をいただきました)

Ph2007031404 少々遅れて日本海到着

Ph2007031405 大阪駅では懐かしい103系を見る

Ph2007031406 午後のヒマ時間は京阪石山坂本線でスナップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日 雪の青森・日本海

 深夜3時くらいにちょっとした騒ぎが起きた。私の寝台の下段に寝ていた女性が“列車が壊れている”と大騒ぎを始めた。巡回している車掌さんと話しをしているのだが、この声が大きい。当然川島さんも私も起き出した。結局この女性の寝ていた寝台が台車の上だったことと、バネが雪で凍り付いてガタガタ音がしたというコトだった。当然青函トンネルに入るとバネの雪も溶け出して音も正常になる。このおかげで青函トンネルの中の撮影も寝過ごさずに撮影できてラッキー。
 急行はまなすは夜が明け始めた青森駅に到着。これがすごい雪の中。今年は雪まつりが中止になった青森としては3月に意外なほどの雪だ。改札で聞いてみると今日乗るはずの日本海は3日前に大阪を出たまま現在も青森に着いていないという。今日運転するかどうかは未定だと言う。しばらく待たないと運転状況も分からず、とりあえず浅虫温泉で風呂に入る。昼近くなっても列車の運転は決まらず、とりあえず昼飯を食べてから青森市場へ。昔の市場は現在では大きなビルの地下に移設されている。しかしビルの下とは思えないほどの雰囲気で楽しめる。もちろん雪に影響されずに撮影できるのも楽しい。
 結局乗るはずだった日本海2号は運休。4号が遅れて運転することになった。こちらに乗り換えて取材を継続することに。

Ph2007031301 深夜の吉岡海底駅通過

Ph2007031302 青森駅は雪の中

Ph2007031303 天気も厳しく風も強い

Ph2007031304 ひと風呂浴びてから遅い朝ごはん

Ph2007031305 青森駅の市場は今でもいい感じ

Ph2007031306 撮影に使ったウニいくら丼、きっちりいただきました

Ph2007031307 日本海4号は約2時間遅れで出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月9日 只見線の紅葉

 今日はきっちり晴れ。撮影を開始してから夕方まで雲ひとつ見ることがなかった。撮影中の露出変化も気にしなくて良いし、落ち着いた撮影ができた。狙っていた有名撮影地はまだ葉っぱが残っているものの今年は紅葉が悪い。たぶん紅葉のタイミングとしては悪くないのだが、緑や枯れた色が混じっている。例年と違う場所だが、なんとか紅葉の良い場所を見つけて撮影。けっこう良い撮影になった。それにしても只見線は列車本数が少ない。7時台に1往復これはほとんどの区間で日が当たらない。9時代に1往復これがほとんどメインだ。ただし会津宮下で交換するために撮影ポイントを動くことができないので1ポイントでしか撮影できない。13時に下りが一本これは会津川口発なので山側では撮影できない。そして15時代の1往復これも日の当たる場所で撮影しようと思うとどちらか一本を選ばなくてならない。従って光の中で撮影できるのは3ヶ所4本だけ。効率が悪い。しかしそれを上回って風景的な魅力があるのが只見線だ。
 15時台の列車を撮影して今回の撮影終了。夜になって帰宅した。

Ph2006110901 有名撮影地の紅葉、今年は良くない

Ph2006110902 会津の町はいい感じに秋の色

Ph2006110903 会津川口駅。一日青空が見えていた

Ph2006110904 第八鉄橋はきれいな紅葉の中。今年はだいぶ色付が遅い

Ph2006110905 帰りには上郷SAでラーメン食べて帰る


| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月8日 米坂線は暴風の跡

 米坂線の朝は天気の回復が遅れて雨で始まった。山に向けて走り始めると、なんだか山の様子がおかしい。山の低い場所の紅葉が始まったような場所はきれいに葉っぱが残っている。当然高い山は葉が落ちている。通常だとこの間に濃く色の付いた木々のエリアが広がっていて、このあたりを中心に狙うのだ。しかしこの葉っぱがない。昨夜の暴風雨のせいだと思うがきれいな場所が丸裸になっていた。昼ごろからは天気が回復してきたのだが、沿線をぐるぐると紅葉の残ったところを探し続けるが、結果はなんとも・・・今年の米坂線は不発か。
 昼過ぎて米坂線の午後の一本を捨てて上の山温泉まで山形新幹線を狙って移動した。しかしこちらもダメ。昨日見たのとは様子が変わって厳しくなっている。結局上の山温泉近くで農家に立ち寄って干し柿作りを見せてもらい撮影終了。大峠を越えて会津に向かい、明日は只見線を狙うつもり。ただ、こちらも風が吹いているハズで、はたして撮影になるか心配だ。

Ph2006110801 曇り空の中を走ってきた国鉄色のキハ52、紅葉の色は微妙・・

Ph2006110802 昼ごはんは今泉近くの道の駅で芋煮鍋&芋煮うどん

Ph2006110803 上の山温泉で干し柿作りを見る

Ph2006110804 手馴れた動作で柿の皮を剥く。このカキは赤柿

Ph2006110805 夕方高畠駅内ある温泉に入ろうと思ったら・・お風呂故障で臨時休館・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月7日 山形県に暴風警報

 昨夜は米坂線まで移動するつもりが途中で力尽きて新庄近くで宿泊。起きだしてみれば、ここ数日続いた暖かい朝だ。ただしあたり一面の霧で風景は何も見えない。昨日に続いて完全脱力状態でのんびりと朝ごはんを食べて移動開始。
 昼近くなると霧は晴れて深く垂れ込めた雲に時折陽がさす。ところがこの頃から風が強くなり始めて午後には強烈な風。ほんのひと時、青空になって撮影にトライするが田んぼのあぜ道で立っているのがやっとという感じだ。その代わり空は痛烈な青。飛んできた雨に時々虹も出る。しばらく待つと新幹線は小走り程度のスピードで走ってきた。本気で走れば追い越せそうだ。先月の只見線でSLが2時間近く遅れた時と同じような嵐の中、ひと時間かけて通過して行った。晴れ間も束の間、厚い雲が空を覆い本格的な嵐が始まった。早めに温泉に入ったものの、露天風呂には葉っぱや木の枝がどんどん飛んできて危なくて入っていられるものではない。ラジオで聞けば山形には暴風警報が出ているとのこと。最初は明日の撮影で紅葉が残っているかを心配していたのだが、もう災害を心配した方が良さそうな様子だ。果たして明日の撮影は?

Ph2006110701 昼ごろから天気が怪しくなりだした

Ph2006110702 ところが午後にはすごく青い空

Ph2006110703 時々虹も出る(薄めだけど)

Ph2006110704 とてつもなくゆっくり新幹線つばさが走ってきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月6日 北上線気圧下がればテンションも・・

 週間天気予報を見ると今日が最後の晴れで明日から一週間曇りと雨が続くという。そうなると今日の晴れ間をどの路線に使うかで迷った。行こうと思っていた陸羽東線だが、去年3~4日撮影しているので今年はパス。去年撮らなかった北上線に向った。盛岡の朝は曇り、北上線の湯田に向うと霧。しばらくすると霧が晴れてきっちりとした晴れに。少々紅葉は盛を過ぎているが場所によってはまだまだ撮れる。ところが2時間ほどの列車待ちの間に天気は急転してどんよりとし始める。
 こうなると厳しい。朝から曇りや雨のつもりで撮影を開始していればまだしも、朝方きれいな青空と風景を見させられて、いざ撮るときにどんより・・・これはテンションが下がる。なんとか気持ちを繫いで頑張るものの、やっぱり厳しい。駅で聞いた夕方の臨時列車、DE10の単機回送を撮影して本日終了。明日は雨の予報。とりあえず米坂線に向ってみる。

Ph2006110601 朝にはきっちりとした青空になったのだが・・

Ph2006110602 列車が来る頃にはどんよりとした曇り

Ph2006110603 部分的には紅葉がきれい

Ph2006110604 夕方DE10の単機がやってきた


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月5日 紅葉の秋田新幹線・今度は・・

 東北撮影二日目は秋田新幹線。昨夜は夜の到着で辺りの紅葉の具合は分からなかった。朝光の中で見てみると、かなり良い状態。ところが空はどんよりと曇っていて、天気待ちで朝はのんびりと過ごす。9時を廻った頃急速に青空が広がって、さて出発という時になって・・・エンジンがかからない。車での撮影は長いのだが、こんな事は初めてだ。
 元々、車のバッテリーには負担をかけている。夜は車内灯を煌々と付けて、シガライターからも、かなり大きなサブバッテリー二つに常時充電。今の車は2年以上前に中古で買ったのだが、それ以降バッテリーは変えていない。たしかに以前の車は寒冷地仕様で80のバッテリーを二つ積んでいて、かつ長くても2年で交換していた。現在は寒冷地でないので95のバッテリーがひとつだけ。いずれにしてもいい状態ではない。今日の朝もエンジンを切ると車内灯が暗くなるようになったので、冬になる前に変えなくてはと話していたところだった。有難いことに近くに車の居る場所だったので、積んであったバッテリーケーブルでなんとか事なきを得て撮影に向った。
 撮影の方は、狙っていた田沢湖駅から山に向うポイントはすでに紅葉が終了。田沢湖から角館に至る区間がベストの状態。一時大きな雲がかかってNGカットになるケースもあったが、基本的には晴れベースで良い感じ。
 夜、盛岡に戻ってバッテリーを交換。120のかなり大き目のものを搭載した。明日は北上線の撮影を予定。

Ph2006110501 雫石の道の駅には何故かひまわりが満開。紅葉とひまわりの取り合わせ

Ph2006110502 田沢湖駅付近では紅葉の状態もいい

Ph2006110503 夕方まで撮影を続けた

Ph2006110504 夕方の盛岡でバッテリーを交換。オルタネータのチェックはとりあえずOK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月4日 奥羽本線・車はリンゴの香り

 北海道の紅葉もだいたい終わったようなので、本州に移動して今日から本州ラウンドの開始。大鰐温泉近くで起きてみると紅葉も良い感じだ。例年ならば10月下旬がピークで11月に入ると終わり際になるのだが、今年は少し遅れている様子だ。奥羽本線北部の撮影はメインが朝の寝台列車になる。起き出して最初から頑張ることになる。リンゴの山から見下ろすお気に入りの丘の様子を見に行く。意識しているわけでもないのだが、ここ3年で春2回秋3回で計5回目の訪問。紅葉が良くてもリンゴがなかったり、リンゴがあっても紅葉が早かったりで思うようにはいかなかった。が、今年はばっちり。紅葉もピーク、リンゴも真っ赤に色づいていた。上野からの特急あけぼのを撮影して機材を撤収していると丁度撮影していた木の収穫が始まった。昼までにはきれいになくなりそう。収穫しているお母さんが話しかけてきてくれた。「写真撮る人たくさん来ますよ。気にしないで畑の中に入っても大丈夫だから」(撮影に行く方はもちろん気をつかってください)お父さんや摘み取り手伝いのおばあさんたちも気さくでやさしい。帰り際には「持っていって」と大量のリンゴまでいただいた。
 地元の方の気さくさはもちろんのこと、歴代訪れるカメラマンのうちたった一人でも気に障る行動をしていれば、きっとこんなに優しくはしてもらえないと思う。やっぱり地元とカメラマンの関係はこうでなくては。と、いい気分で撮影地を後にした。
残り一本の寝台列車は陣場-白沢の有名お立ち台でキャッチ。こちらも紅葉が遅れていたおかげでベストタイミング。昼からは花輪線で1往復撮影して撮影終了。雫石へ移動。明日は天気の様子を見ながら秋田新幹線を狙う予定。

Ph2006110401 リンゴの丘から朝の撮影。真っ赤になったリンゴがおいしそう

Ph2006110402 撮影終了頃になると収穫が始まる

Ph2006110403 帰りには持ちきれないほどリンゴをいただいた

Ph2006110404 花輪線の十和田南駅には工事用の車両がいた

Ph2006110405 お昼ごはんは鹿角花輪駅で立ち食いのきりたんぽ

Ph2006110406 風のない日午後で田んぼの焚き火から出る煙もゆっくりと流れていた


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧