« 1月24日 九州移動 | トップページ | 1月26日 鹿児島交通 »

1月25日 指宿枕崎線

 今回の撮影の最大の目的は「菜の花の指宿枕崎線」。どういうワケかこの路線には5月、8月ばかり来ていて、一番の見せ場の季節の冬に訪れたことがなかった。周辺に菜の花が咲いているのは分かっていたが、沿線の菜の花の写真はあまり見かけず、どれだけ撮れるかは不安な撮影地行きだ。
 朝はうす雲がかかっている程度で、まあまあの天気。いつもの撮影ならば、撮影地のアタリを付けて狙い打ちするのだが、今回の狙いは菜の花。はっきり言ってどこに咲いているのか検討もつかない。それこそ街中の線路脇に花畑がある可能性もある。結局丹念に車で沿線を廻る。指宿までは意外なほど菜の花がない。列車本数の多い山川までは、ほとんどダメ。もちろん港と列車が見えるポイントなど、気を引く場所は数多くあったのだが、この先の天気があやしくて、とにかく菜の花を今日のうちに決めて起きたい。ようやく見つけたポイントは最南端の駅西大山付近。なんとか収穫ゼロだけは免れそうだ。
 西大山の駅で、お決まりのアングル、開門岳と最南端の碑を入れて一本撮影する。山川から枕崎までの区間は列車本数が少なくて、効率が悪い。一本撮影を終えて近くをスナップしていると、地元鉄道ファンがやってきてカメラのセットを始めた。んん?何か来るのかな?聞いてみると、年に数回のキヤ(試験用の車両)が来るという。天気もいいし、これはラッキー。混ぜてもらって珍しい列車を撮影。
 その後は枕崎駅にスナップに向う。この駅は、南国らしい低い屋根の駅で、最南端のレールは草の中に消えていって・・ものすごく好きな駅。周りに菜の花でもあれば・・・と思って向ってみた。現地に着くと何かおかしい。きれいなスーパーが出来ている。駅を探しても見つからない。振り返ると見覚えのある灯台形のモニュメント「最南端の終着駅」がある・・・????・・・
 よくよく聞いてみると、昨年線路を百メートルほど短くして、めちゃくちゃ簡易型の駅を作り直したらしい。ホントに残念。

Ph2007012502 見覚えのあるモニュメント

Ph2007012503 枕崎駅がこんなになってしまい、悲しい

Ph2007012504 偶然キヤが走った。ラッキー

Ph2007012505 池田湖の菜の花は満開

Ph2007012506 イモソフト

Ph2007012507 イッシーの像

Ph2007012508 ブーゲンビリアも満開

Ph2007012509 ハイビスカスまで咲いている

Ph2007012510 夕方は大山の温泉。露天風呂から開門岳が美しい

Ph2007012511 温泉にはこんなヘッドマークも置いてあった

|

« 1月24日 九州移動 | トップページ | 1月26日 鹿児島交通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73211/13864926

この記事へのトラックバック一覧です: 1月25日 指宿枕崎線:

« 1月24日 九州移動 | トップページ | 1月26日 鹿児島交通 »