« 11月28日 嵯峨野の晩秋 | トップページ | 11月30日 四国入り »

11月29日 嵐山を歩く

 予定では昨日で京都の秋を終えて四国に移動するつもりだったのだが、天気が良さそうなのと少々撮り足りない気がして一日撮影を延長した。朝は昨日に引き続いてトロッコ嵯峨野を撮影。この路線は保津川に沿って走っている。大きく蛇行しているものの谷間の北斜面側を走るところが多くて日当たりが悪い(列車からは日の当たった風景が良く見えるのだが)。従って風景全体に日が当たらない朝がひとつの撮影チャンスになる。まだ頑張っている紅葉の葉っぱを入れて撮影、良い感じに朝の撮影が終わった。
 トロッコの最大の撮影地はトロッコと谷間で交差する山陰本線の保津峡駅のホームから俯瞰するポイントだ。ここの光線状態は午後の早い時間帯のみ撮影できる。もちろん他の撮影ポイントもあるのだが、せっかくこの季節に嵯峨野に来たわけで、嵐山でスナップをすることにした。ところが・・・さすが京都の秋。嵐山の渡月橋あたりは車、車、車・・・で人、人、人・・・駐車場もいっぱいならとても撮影する雰囲気ではない。早々に引き上げて“化野(あだしの)念仏寺”あたりで紅葉を中心にスナップ。嵐山もこのへんまで来ると観光客の数もぐっと減ってのんびりと歩けるようになる。その後トロッコに戻って夕方まで撮影を続ける。
 4時過ぎに撮影を終了して移動開始。7時には明石大橋を渡って淡路島に入った。本当なら四国まで入ってしまいたいのだが、先日撮影したトワイライトエクスプレスの納期が迫っている。ここで一部の写真のセレクトと色合いの調整をしてディスクを焼く。気付けば深夜になっていて、そのまま高速パーキングで宿泊。

Ph2006112901 朝のトロッコ。紅葉はぎりぎりの感じ

Ph2006112902 念仏寺の紅葉

Ph2006112903 渡月橋はひとだらけ

Ph2006112904 トロッコ嵐山駅のD5151

Ph2006112905 ホンモノの動輪で作られたモニュメント。なんかすごい・・

Ph2006112906 夜には淡路島に到着


|

« 11月28日 嵯峨野の晩秋 | トップページ | 11月30日 四国入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73211/12880260

この記事へのトラックバック一覧です: 11月29日 嵐山を歩く:

« 11月28日 嵯峨野の晩秋 | トップページ | 11月30日 四国入り »