« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

5月31日 森本レオさんに会う

 4~5月に撮影していたBS-ⅰ番組のMA(ナレーション取りと音楽、音声調整)があった。午後にスタジオ入りしたのだが、なんと現場に森本レオさんが登場。もちろん森本さんのナレーションならば最高なのだが、これはいろいろ大人の理由で難しい。森本さんお奨めのナレーターさんの収録にチェックを入れてくださった。それも最初から最後まで6時間以上お付き合い。
 森本さんの印象は、テレビの中の優しいレオさんそのもの。スタッフへの心遣いも良ければ物腰も優しいし、ちょっと場の雰囲気が落ちると声をかけて思いっきり盛り上げてくれて現場に笑いが絶えないんですね。ホントにすばらしい方です。
 作業の間となりに座らせていただいていた。今回の映像(15分×5本)を全て見ていてくださり、驚くほどのお褒めの言葉。更には映像に対する根源的な思想にまで過分なお褒めをいただき、ただただ感動しました。その上「ささくらさんの作風でしたら、この映画を見ればいい刺激になると思います」と10本ほどの映画タイトルのメモして渡してくださり、見るべきところを詳細に話してくれる。これだけの地位にいながら、話の中に常に勉強されていることが分かり、これまた感動。
 話をしてくれたのがレオさんだというコトはもちろん、真剣に映像の世界にいる方の言葉がひとことひとこと体に染みるような時間で、もっともっと上の映像世界を作りたくなり、この先何年も頑張れる!そんな気持ちになりました。
 終電車で家に帰っても興奮気味。しばらく寝れませんでした。いっしょに撮っていただいた記念写真>>スタッフの顔でなくて、完全にファンの顔になってました・・・(残念ですがレオさんの写真は掲載自粛です)

Ph20060053101 レオさんのおかげでナレーション収録も順調!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月30日 車載バッテリー

 最近の撮影はバッテリーなしでは行えない。業務ビデオ用4本、小型ビデオ用3本、スチールカメラ用2本、コンパクトデジカメ用2本、パソコン、電話・・・これをチャージするために大きな車載バッテリーを2台積んでいる。このメインバッテリーは入力が12V
&100V、出力12V&100Ⅴ120Wという優れものなのだが、やはり1年過ぎるとニッカドが痛んで交換になってしまう。今回も2台のうち1台が弱ってしまって交換になった。修理に出すと2週間ほど使えなくなってしまうために、ニッカドだけを取り寄せてバラして交換。これできっちり使えそうだ。
 夏はこれで扇風機を回したりして、けっこう使えます!

Ph20060053001 バラしてニッカド交換

Ph2006053002 今年も庭のラベンダーが咲く、これが咲くと北海道に行きたくなりますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月29日 白馬は見えず

 午前中の晴れマークの少しだけの期待をして起きだしたのだが、やっぱりと言うか、薄い霧とどんよりとした天気。時折青空も見えるのだが、北アルプスが見える可能性はとことん低そうだ。とりあえず木崎湖に出てみるが湖も灰色で絵になりそうもない。撮影ポイント探すときに出会った農家の方も、今年はどうかしている今月は五月晴れの日がほとんどない。と嘆いていた。植えたばかりに見えていた稲は、実は10日以上経っているというし、このまま冷夏になれば秋の収穫が心配だ。
 昼過ぎには天気の好転をあきらめて家に向かう。途中で上田駅に寄って駅弁を買って、撮影して、食べて・・・9時過ぎに帰宅。

Ph20060052901 朝方見つけた木のガードレール。田中長野知事が以前話していたモノだ。見栄えはだいぶいい!

Ph20060052902 裏側はこんな感じ。もうちょっと迷彩がほしい

Ph20060052903 一時晴れ間が出て、緑もきれいに見える

Ph20060052904 植えて10日以上経った稲。少し黄色っぽくなっていて心配

Ph20060052905 一応白馬に戻ったが、とても山はムリ

Ph20060052906 あずさ交換を撮影して帰る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月28日 安曇野

 朝の松本は雨。天気予報を見てもかなり厳しい。10時ごろまで空を眺めながら様子を見ていたが、どうにも良くなる気配がない。多少良くなっても山が見えてくることはなさそうと判断して、帰宅することにした。このまま家に帰るならと、産直の売店で野菜を、安曇野の大王わさび農園でわさびと漬物用の葉っぱを買い込んで走り始めた。
 ところが、走り始めたとたんに急激に晴れ間が広がり始めた。
「やっぱりなぁ、そんな気もしていたんだけど・・・」
 天気予報を見ると、やはり明日は晴れマークに変わっている。これでまたまた予定を変更、安曇野へ戻った。
 今日のところは、山に近づくにつれて雲が厚くなってしまったが、さて明日はホントに晴れてくれるか?天気に翻弄される日々が続く。

Ph20060052801 午前中は大王わさび農園でお買い物

Ph20060052802 大糸線の風景は緑一色に

Ph20060052803 夕方にはまた曇り始めた

Ph20060052804 こんだけ買った野菜。家までもつのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月27日 松本城

 このところ比較的近郊への撮影パターンが固まってきた。前日の夜、家でゆっくりして、深夜に走り目的地近くで仮眠を取って朝から撮影というパターンだ。今日も同じように0時近くに出発、2時過ぎに松本近くまで来て車で仮眠だ。
 いつもと違うところは、今日の目的がヨメの用事で松本へ10時到着で良いこと。いつもなら仮眠から早朝の起床が厳しいのだが、今日は8時過ぎてラクラク起床だ。それでも少々時間が余って、松本城へ登ってみた。天気は相変わらずぱっとしない。雨こそ降っていないが、どんよりと曇っている。庭のツツジはきれいに咲いているものの、どうにも写真にならない。
 松本市内のイベント会場にヨメを降ろして大糸線の撮影に行く。田んぼには水が入り、稲も小さめで高原の春の様子が良い。しかし、やっぱり天気が・・・午後まで粘ってみるものの、納得のいくカットは難しかった。明日の予報も雨ベースで予定決まらず、松本市内で温泉に入って、とにかく一泊してみる。明日の朝、予定を決めよう。

Ph20060052702 朝の松本城。くもりで写真は厳しい

Ph20060052703 天守閣に登ってみると緑がきれい

Ph20060052701 大町近く、田んぼの状態は良い


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日 海鮮ドリア

 今日はセレクトの終わったポジにデータを付けて発送するだけ。まあ、2時間もあれば大丈夫かな?と思っていた。朝は早めに起きたものの、仕事にとりかからずにいた。ふと気付けば外は暗くなっていて、あせって作業、どうにか発送が間に合った。
 今夜中に出かける予定をしていて、早めに出ようと思っていたのだが、夜になって娘がドリアを食べたいとか言い始めた。台所の棚を探してもクリームスープルーのストックがない。ベシャメルソースから作ろうか?と思ってみたら玉ねぎもない。どうなるか分からないが、とにかく小麦粉をバターで炒めて塩コショウ、ブイヨン、牛乳を適当に入れて、冷凍のシーフードミックスをぶち込んでコーンスターチでとろみ調整、白飯に掛けて、チーズを乗せて・・・まあ、なんとかなるモンです。(写真は撮り忘れました)
 夜中になって出発。明日は松本へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月25日 青空がもったいない

 朝から真っ青な空が広がった。このところ晴れの日が極端に少なくて青空に飢えた気がする。少し前からの約束で今日は雑誌編集部での打ち合わせ、ポジ納品と番組編集のチェックがある。
 都内まで車で行って、そこから電車で都心に向かったのだが、いつまでも良い天気が続くので、なんだか落ち着かない。これはほとんど職業病だ。青空の日は、撮影をしていない限り空にばかり気が行ってしまうのだ。
 そこはお仕事というコトでぐっと堪えて予定を遂行。早めの帰宅。

Ph20060052501 井の頭腺の窓からも青空がきれいに見える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月24日 夏ポジセレクト

 例によって朝から天気が悪い。こんな日には家仕事でポジやデータを整理するに限る。ところが、なんとなく力が入らずにだらだら。真面目に作業を始めたのがずいぶん遅くなってからで、夏向けのポジセレクト終わったのは深夜になってから。このまま夜型にならないように気をつけよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月23日 カードダウン

 少し前から、時折デジカメ用カードのエラーが出始めていた。都度なんとか切り抜けて来たのだが、今度ばかりはアウト。カメラでカードをフォーマットして撮影を開始したものの、数枚撮ったところでカードエラー。そこで使用を止めて、カメラで読み出したり、パソコン何台かで読み出したり、試みたのだがぜんぜんダメ。1GbのSDカードで、CFに比べてもトラブルが少なかったので安心して使っていたのだが、どうも電気的に壊れたようでフォーマットもできなくなってしまった。
 現在カードは2GbのCFが2枚と1GbのSDが1枚の合計5Gbで仕事をしている。まれにこの容量を超えてしまうこともあるが、できるだけ1日分が4.7GbのDVDに収まるようにと考えてこの枚数にしている。ところがSD1Gbが壊れてしまうと撮影時の取り回しが難しくなる。5Gbあれば途中でデータ保存しなくても良かったのが、これで日中保存作業をしなくてはならなくなりそうだ。
 そこでCFをもう一枚買おうかとも考えた。ここで問題がある。今CFを買うならは高速タイプを買いたい。ところが、現在使っているデジカメは高速カードが出る前に開発されたカメラだ。カメラとCFは言ってみればパソコン通信をしているようなもの。開発時になかった相手と、はたして問題なく動くのか疑問が残る。せめてしばらくしてカメラのバージョンアップが終わってからにしたい。でも、今更遅いカードも買いたくないし・・・さて、どうしたものか?
 そんなこんなでデータのバックアップをして終了。

Ph20060052301 SDカードも遂にダウン。ずいぶん使ったので仕方ない・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月22日 ロケ終了、で、成田線

 4月から撮り始めたBS-ⅰの“終着駅への旅”。どうにもこうにも天気に恵まれない日が続いたのだが、昨日の快晴で撮影終了となった。今日の夕方までに赤坂の編集室にテープを入れて作業終了となる。
 昨日は朝が3時半、けっこうばたばた動いていたのでお疲れ気味。更に撮影が終了してどっと疲れが出た。暗くなって高速に乗ってから、ひと寝入りしてから帰ろうと目覚ましを3時にセットして寝たのだが・・・起きたら明るくなっていた・・・このまま帰ると通勤タイムにぶつかりそうで、結局昼過ぎまで成田線でスナップ、それから赤坂へ向かう。
 プロデューサーさんにテープを見てもらい、OKをいただいて今回の作業は終了。後は6月5日の放送を待つだけだ。
 夕方は明るいうちに帰って、早めに就寝。

Ph20060052201 成田線ではまだスカ色の電車も走っている

Ph20060052202 貨物列車はいつのまにか電気機関車になっていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月21日 銚子電鉄快晴

 犬吠埼に着いたのは深夜の1時ごろ、軽く寝て3時半に起床。空には半月が煌々と輝き、天の川も見えている。白み始めた東の水平線にはうっすらと雲があるものの、十分良い天気だ。
 日の出、朝の港を撮り始めてから外川の駅に移動、外川駅に昨夜から居た始発列車が発車して行った。朝の外川駅では月に数回の朝市を撮影、駅前の広場を使って野菜や魚を売る。広くはないが、なかなか盛況だ。ここで前回取材の時に対応していただいた銚子電鉄広報の方にお会いする。ちょうど撮影に来ていた地元のファンの方を紹介していただいて話を伺ったのだが、さすがに地元だけあって、いろいろな情報を教えてもらって実に助かった。
 夕方まで青空の下で撮影を続けて家に向かう。天候に泣かされた“終着駅への旅”取材も、なんとか終了。
 
Ph20060052101 犬吠埼の夜明け

Ph20060052102 銚子電鉄の電車。いい味出している

Ph20060052103 海を望む坂の町、外川

Ph20060052104トロッコ列車“澪つくし”をキャッチ。天候に恵まれず、今年2回目の運転だ

Ph20060052105 仲ノ町駅のデキ3、小さくてかわいい電気機関車


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月20日 秩父鉄道、晴れのち土砂降り

 朝の天気はイマイチ。それでも晴れてくることを祈りながら秩父へ向かう。秩父へは一般道だけで約1時間半。けっこう通い慣れた道だ。 秩父に向かうにつれて青空が広がり、山々の緑も良い感じに。三峰口に着いた頃には武甲山もきれいに見えてきた。
 渓谷の緑、駅前の様子を撮りながらSLパレオエクスプレスを待つ。いつもなら沿線で走ってくる様子を撮るのだが、今日は終着駅の取材。駅でゆっくりと入ってくる列車を出迎えた。たくさんの親子連れに囲まれたSLは、普段見ている迫力の姿とは、またちょっと違った様子。これも良い感じだ。
 天気も良くていい気分で撮影を続け、三峰口を走り去るSLを撮影した頃から分厚い雲がかかり始めて、ぽつぽつと雨が落ち始める。と、思ったとたんにバラバラと大粒の雨が。しばらく待ってもひどくなる一方で撮影終了。帰りの車はほとんど洗車機の中を走っているようだし、道は川のよう。なんとか山越えをして家に着いたのは5時近くなってから。
 家では軽く一眠りして、夕食をとって銚子へ向かう。

Ph20060052001 朝は青空、武甲山もきれい

Ph20060052002 三峰口の駅に到着したC58

Ph20060052003_1 今日は暖かく、昼は冷やしとろろソバ

Ph20060052004 帰り道は土砂降り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月19日 渋谷の空

 今日の朝も雨。天気予報では明後日の日曜日、月曜日が晴れの予報になっている。と、言うわけで今日もデータ整理をしながら待機。昼過ぎて、新しくお付き合いさせていただく編集部からメールが入り、渋谷の編集部へ向かう。次に出る雑誌の簡単な打ち合わせを済ませて出てくると・・んんっ!?・・さっきまで雨が落ちていた空のところどころに青い部分が見え始めている。少ないながらも青空だ。
 新宿でプロデューサーさんと落ち合って相談、急遽明日は秩父鉄道の撮影に。

Ph20060051901 渋谷の空が青くなり始めていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月18日 まるで梅雨

 今日もどんよりとした天気。まったく晴れる様子がない。例年だと今頃の天気は“五月晴れ”が広がっているハズなのだが・・・
 BSの“終着駅への旅”のロケは、晴れでなくても撮れるインタビューや資料映像は撮り終わり、残っているのは秩父鉄道と銚子電鉄の風景映像だけ。ところが、やはり晴れていないと思い通りの絵が撮れない。オンエアの日は決まっているので、期限も迫ってきてアセる。きっちり晴れてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月17日 ゆったり鉄道の旅<東北>

 昨年末から今年の冬の間撮影を続けていた山と渓谷社刊のゆったり鉄道の旅<東北>が出来上がりました。発売は来週くらいだと思うのですが、手元に数冊だけ先行で出来上がり、ヤマケイ本社で受け取りました。
 やっぱり本が出来るのは嬉しくて、何度となく眺めています。ぜひ売れてほしいものです。(よろしくお願いします)
 今日は昼ごろから家を出て、まずは銀座のカメラサービスへ。3月のはじめからバタバタしていたデジカメ&レンズなのですが、今度こそきっちり直っていて欲しかった・・・のですが、受け取ってテストをしてみると・・・またまた片ボケ直らず・・・再再再々修理に出てしまいました。もぅっ!
 その後は撮影中のプロデューサーさんと会って、編集状況を見せていただき、ヤマケイへ。もちろん打ち上げでいっぱい。例によって青梅ライナーで帰宅でした。

Ph20060051701 出来上がったゆったり鉄道の旅、皆様よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月16日 終着駅への旅

 ここしばらくの撮影でちょっと疲れ気味。今日は休みに決めた。
 ほんとに、なんにもしないで、いちにち終了。
 今撮影中の映像の番組名が決まった。放送はBS-iで「グットライフ」という番組。これは15分の短いものを4本流す番組だ。この中の「終着駅への旅」(15分全5回)と決まった。
 放映は6月5日から朝夕2回で5日連続。6月中に4回リピートで、計5本×8回流れる予定だ。BSを見れる環境の方はぜひ見てください。でもその前に撮影を終わらせなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月15日 鹿島鉄道取材

 朝起きて空を見て喜んだ。久々の青空、少々霞んでいることはいるのだが、十分青い。
 6時に移動を始めて早速撮影開始。稲を植えたばかりの田んぼに映るディーゼルカー。やっぱり撮影は晴れに限る!とにかく天気が良いうちに徹底的に撮影すべくばたばたと動く。
 この鹿島鉄道、新しいディーゼルカーも何両か入っているものの、昔ながらの車両も多く運転されてる。特に600系は現役のディーゼルカーではもっとも古いものらしい(昭和12年)。これまだそれほど撮影してない路線だけに、残念な気分でいっぱいに。こんなに良い路線だったら、もっと通ってもよかった。来年の3月には廃止の計画もあるようなのだが、なんとか残ってほしい路線だ。
 昼からは駅長さんにインタビュー、駅の中をいろいろとスナップさせてもらう。撮影を終了して駅を出ると、NHKのクルーとバッティング。今日の取材許可を戴くときに、NHKといっしょになりますと言われていたのだが、やはり会ってしまった。ところがスタッフを引き連れていたのが、昨年中国の芭石鉄道撮影で出会ったJカメラマン。NHKのスタッフを案内していた。中国以来連絡をしていなかったので、これにはびっくり。鉾田の町の話など伺って、またご連絡することにした。
 例によって夜の撮影までして終了。以外に早く11時ごろには帰宅。

Ph20060051501 水田に影を落とす600系

Ph20060051502 402は広告もなくてかわいい!

Ph20060051503 インタビューした小池駅長

Ph20060051504 夜になって、石岡駅でバルブ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月14日 誕生日の翌日に

 昨日はヨメの誕生日。せっかく土曜日と誕生日がぶつかったので、家族で食事でもと思っていたのだが、撮影で帰宅が遅くなって中止。いちにち経って軽く昼食に出かけた。
 まあ、じっくり食事をするのは、そのうちゆっくりということで帰宅。
 夕方からは準備をして、夜になって撮影に出発。番組のプロデューサーさんの家が志木にあり、車で迎えに行ってから出発するのが、ここのところの恒例になっている。通常1時間弱で着くのだが、今日に限って夜の大渋滞、気付いてみれば西武園遊園地のナイター終了とぴったりタイミングが合ってしまったようだ。2時間近くかけて志木に到着。そのまま鹿島鉄道に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月13日 秩父鉄道取材

 なんとか腰の状態も動けるようになっていた。ほっと一息。
朝から秩父鉄道の三峰口に取材に出る。家を出たときには曇りだったのだが、三峰口駅についたころには本格的な雨になってしまった。今回の取材は、どうにもこうにも雨にたたられている。
 土曜日ではあるが、今日はSLパレオエクスプレスが走らない珍しい日。それだけに、駅の周りも静かないちにちだった。
 まずは武州日野駅から終点三峰口に向かって列車乗車の撮影、駅の待合室のスナップを撮って、駅長さんと駅員さんのインタビュー・・・順調にこなしたものの、やっぱり雨は止まずに午後になってしまった。
 とりあえず取材依頼を出しているところだけは撮影して終了。やはりここも天気を見ながら撮影の必要がありそうだ。
 家に帰ってニュースを見ると、奄美大島が梅雨入り。たいへんな季節になってきた。

Ph20060051301 三峰口駅は雨の中

Ph20060051302 昼ごはんは駅前のそば屋で。揚げたての天ぷらと手打ちそばがおいしい

Ph20060051303 三峰口の先に続いている貨物線跡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月12日 ぎっくり治療中

 今月初めて家の布団で目が覚める。さすがに今日はゆっくりしたい。のだが、やはり腰が少々痛い。昨夜腰を冷やして、サラシを巻いて寝たのだが、まだ痛みが残っている。
昼前に治療院に行って、治療、テーピングしてもらった。明日からも撮影は続くので、なんとかしなくては。
撮影したデータの処理と、映像テープのバックアップを行っているうちにいちにちが過ぎた。明日は秩父鉄道に撮影の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月11日 銚子電鉄取材

 朝から雨模様。天気さえ良ければ朝から銚子電鉄に向かう予定だったのだが、あまりにも天気が悪いために、午前中は鹿島鉄道のロケハンに向かう。鹿島鉄道終点の鉾田駅は、昔ながらの雰囲気と2面のホームを残す良い感じの駅。今回撮影のテーマにしている終着駅には、すばらしく合う。駅長さんに挨拶して、少々テスト撮影をさせていただき、午前中は終了。午後は予定通り銚子電鉄に向かう。
 この頃から雨はよりひどくなって、台風でも来ているような様子になってきた。それでも多少は撮影するものの、やはり風景的な絵は断念せざるを得ない。
 昼ごはんは、海の見える食堂でゆっくり取れた。通常の撮影中は、昼食もそこそこに撮影に専念しているのだが、今日の天気では仕方がない。まあ、こんな日もあるか・・・
 銚子電鉄終点の外川駅は、シンプルなデザインで、「ローカル線の駅」という感じを思い切り出している。これはいいっ!じっくりと撮ってみたい駅だ。ただ、やはりこの天気、今日のところは本社と終着駅でインタビューだけとらせていただいて、あとは少々のスナップカットのみ。銚子電鉄と言えば、海と白い犬吠埼灯台。やはり天気の良い日に出直しになりそうだ。
 それでも夜のカットまで撮影して終了、自宅に向かう。家に着いたのは日付が変わる頃、久しぶりに布団で寝れそうだ。
 ところで今日の昼間の撮影中に、腰の辺りが“くんっ”と鳴った。あららら、やってしまった。もしやぎっくり・・・・4年ぶり4回目・・・・途中の薬屋でサラシを買って、とりあえず今日はなんとかもたす。

Ph20060051101 銚子電鉄の800系、レトロな雰囲気がすばらしい

Ph20060051102 800系の車内は木の床、釣り掛けモータの音がいいっ!

Ph20060051105 お昼に食べた煮付け。アイナメだと言うんだけど、キンメみたい・・・

Ph20060051103 取材させていただいた外川駅の駅長さん

Ph20060051104 夜まで撮影


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月10日 東北から戻り&出発

 関越のパーキングで朝を迎えると、空はきれいに晴れ渡っている。正直このまま帰るのがもったいないくらいだ。天気予報によると関東は曇りから雨、関越トンネル手前の土樽パーキングに車を止めて、しばし青空を眺めた。
 トンネルを抜けると、やはり曇り。家に着いたのが昼過ぎで、機材を片付けて一休み。
 夜になって、撮影中の番組撮影のために出発、自宅の布団で寝るのは、もう少し先になりそうだ。
明日は銚子電鉄の取材を予定。

Ph20060051001 土樽パーキングからの風景、桜に新緑に残雪

Ph20060051002 青空はしばらく見納めか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月9日 白神は新緑の色

 五所川原の近くで目を覚ませば、青空にきれいに岩木山が浮かんでいる。やった!!これで思い描いていたシーンは全て撮影できる。その後も天気はばっちりで、各駅停車はもちろんリゾートしらかみ「くまげら」まできれいに収めることができた。さて、ここからが問題で、「このまま帰る」「東北道に乗って花輪線を撮りに行く」「これから来る寝台を狙って奥羽本線に向かう」などなど選択肢は多い。
 しかし、この天気。このまま帰るわけには行かない。結局、五能線に沿って南下することに決めた。これが正解!海バックのリゾート、白神山地バックのリゾートなどなど、面白いように決まる。その上、午後の時間に出かけた白神山地が美しかった。見事な新緑、ブナの木々の緑はもっとも美しいときを迎えていた。木の芽も虫も蛙も鳥も、ほんの短い春を満喫している様子。たった2時間の白神はあまりにも短い。何日でも楽しめる森の姿だった。これは改めてじっくり訪れることにしよう。
 さて、問題は明日の夕方から約束している取材の件。なんとしても明朝には家に着いていなくてはならない。色々考えて、今回は日本海側の一般道を走ることにした。撮影を終えたのがあきた白神で18時、秋田の迂回だけ高速を使って新潟に着いたのが11時過ぎ、まあ意外と早く着いた感じだ。日付が変わって関越に乗ってとりあえずお休み。明日の朝家に向かう。

Ph20060050901 朝から岩木山は美しい

Ph20060050902 海をバックに「リゾートくまげら」をキャッチ

Ph20060050903 白神山地、ブナの新緑が美しい


| | コメント (1) | トラックバック (0)

5月8日 弘前城・花吹雪

 いちにち曇りという天気予報が良いほうに外れて、午前中早い時間から澄んだ青空になってきた。もう、上機嫌で撮影を開始。五能線のリゾートくまげらを撮ってから弘前城へ。これがベストのタイミング。外堀は花が散って堀の水面をピンク色に染めている。天守閣に行けば満開で花吹雪の状態。真っ青な空に桜が浮き上がって美しい。ところが花吹雪の撮影が難しい。ぷぁ~っと散り始めてからセットしても間に合わない。セットしてじ~っと待っていても、なかなか吹雪にならない。待っているうちにけっこう時間が経って、昼過ぎに終了になった。
 午後からは津軽鉄道の芦野公園に移動。これまた満開。以前に比べると少々桜のボリュームは減ったものの、十分撮影可能。ここでもばっちり。夕方になっても、まだ空はきれいに晴れ渡ったまま、更に五能線と奥羽本線を行く寝台特急あけぼのの撮影までして日没終了。
 思いがけず撮影が進んで、残す撮影予定は岩木山&リゾートくまげらだけ。夜になっても月が煌々と輝いている。明日も良い天気になりそう。

Ph20060050801 午前中から良い天気。桜のそばを特急つがるが行く

Ph20060050802 弘前城の外堀、水面の桜が美しい

Ph20060050803 午後は桜の芦野公園へ。長かった今年の桜撮影もこれで終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月7日 竜飛海底

 いちにち雨・・という天気予報は大きく外れ・・と言うより、わけの分からない天気になった。朝はどんよりと曇りで、徐々にうす曇に、昼ごろにはスカッと晴れて、またどんより・・・天気予報も当てようがない感じ。
 まあ、今日は半分オフ日のつもりをしていたので、小川原で朝のんびりして、昼前から竜飛に向かう。途中の津軽海峡線でスーパー白鳥とドラエモン列車をキャッチ。
 夕方からは竜飛岬のトンネル記念館の海底駅体験でケーブルカーに乗る。これが意外と感動モノで、乗車が終わると分厚い扉が縦に開いて延々続くトンネルが見え、約8分間下って終着駅に着く。地下の展示はそんなに長くは見られないが、ケーブルカーに乗るだけでも十分楽しい。ちなみに記念館は5時まで営業となっているが、ケーブルカーの最終は4時なのでご注意。
 竜飛からは小泊、十三湖を経由して五所川原へ。この頃から強烈な風が吹き、時折雨も吹き付けてくる。明日は午後から晴れ、明後日は晴れの予報。あと撮影したい場所は、弘前城の桜(現在満開でこの風で危ない)、岩木山とリゾートくまげら、芦野公園の桜(こちらは5分咲きくらい)なのだが、10日には家に戻らなくてはならない。間に合うか!?

Ph20060050701 海峡線でキャッチしたドラエモン

Ph20060050702 竜飛海底に続くケーブルカー

Ph20060050703 一路海底へ

Ph20060050704 竜飛岬の向こうに微かに北海道が見えた。風は強烈


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月6日 南部縦貫鉄道の休日

 朝、北海道から東北へ撮影している友人U氏から電話が来た。津軽鉄道の芦野公園はまだ桜の花が少し早いとのこと。昨日から同行している学生時代からの友人H氏とともに五能線の新しいリゾート「くまげら」を撮影する。この時まではガスがかかっているものの、意外なほど日差しがあった。
 鯵ヶ沢でイカ焼きを楽しんで、U氏とは別行動となった。
 午後は七戸に移動。今年で休止から9年を迎える南部縦貫鉄道へ向かった。
 着いたのは昼過ぎ。懐かしい七戸に到着すると、これまた懐かしいレールバスがホームに佇んでいる。PM1時からは午後の体験乗車開始。ホームから300メートルの車止めまで走って車庫まで運転、もう一度車止めまで走ってホームへ到着。7~8分の運転だが、これがかなり楽しめる。シフトを操作しながら速度を上げて、ぶんぶん揺れながら走る姿は往年のまま。最初2時間はしゃかりきに撮影、残りの2時間はのんびり眺めて、レールバスを堪能した。
 仕事を休んで運転してくださった往年の3名の運転手さん、体験運転を企画、運営してくれたスタッフの皆様に心よりお礼いたします。
 本当に楽しめました!
 夕方は東北本線で一本撮影して、古牧温泉で一休み。友人H氏はそのまま帰路に着いた。
 天気予報によると明日はいちにち雨らしい。さて、明日はどっち?

Ph20060050601 朝は五能線でリゾート列車撮影

Ph20060050602 南部縦貫鉄道のレースバス。ちゃんと走っています

Ph20060050603 3人の運転手の皆様、お疲れ様でした

Ph20060050604 夕方最後は3両の車両を並べて撮影会. また来てみたい休日でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月5日 奥羽本線・天候が・・

 朝方友人に起こされた。天気はかなりキビシイ。
 起きた頃には曇りだったのだが、次第に雨まで落ち始める。なんだかんだ言いながら寝台特急3本を撮影した。
 昼近くなって、雨も強くなりさてどうするか?という話になった。
 とりあえず、ご飯を食べに青森に。ゆっくり八甲田丸を見学して、青森駅のホームでスナップ、そして温泉に。夜は友人とヨメと3人で鍋を囲んだ。

Ph20060050501 朝の日本海をなんとか桜と絡めて

Ph20060050502 昼はのんびり八甲田丸見学

Ph20060050503 青森駅のスナップも

Ph20060050504 夕方一本撮影したものの、天気は危ない


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月4日 羽越本線快晴

 年に何回もないような一日。早朝の米坂線から始まって、羽越本線を北上する。各地で海バックや田んぼの水鏡の写真が面白いように決まる。
 まったく、こんな日ばかりだったら鉄道写真家というのは楽な商売かもしれないと思うほどだ。昼ごろには2月に雪の中の撮影になってしまった庄内交通湯野浜線の善宝寺跡を見ながら鶴岡、酒田まで撮影した。
 夕方、東北で撮影中の友人と連絡をとって、夜に弘前で待ち合わせ。ところが酒田から約250キロ、すでに今日は150キロ以上走っているので、高速道路の少ない日本海縦貫で400キロ以上の走行になった。けっこうキビシイ。夜は疲れきって爆睡。
Ph20060050401 風もなく水鏡が美しい

Ph20060050402 景勝笹川流れに満員の観光船が行く

Ph20060050403 鶴岡に近い庄内交通の駅跡

Ph20060050404 夕方薄暗くなっても水鏡が


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月3日 弥彦詣

 何の因果か3週連続の弥彦線訪問になった。弥彦線と言えば桜は美しいものの、それほどメジャーな場所でもなくて、ここ10年で3回くらいしか撮影していなかった。
 先々週は桜並木、先週は駅長さんのインタビュー他取材だった。その時に目をつけておいた田んぼのきれいなポイントに水が入っているのをぜひ撮りたいというワケで今週も出かけてきた。
朝は信越本線で特急雷鳥を一本。青空に春の雲が浮かんで水田に水鏡、なかなか理想的な写真だ。それから越後線で水田、偶然見つけた菜の花畑と撮り進んで午後からは弥彦線へ。優等列車の撮影は少ないものの、かなりのバリエーションになって満足。夕方は佐渡島に沈む夕日を撮って新潟へ。明日は羽越本線撮影の予定。

Ph20060050301 越後線の菜の花畑、色の濃さにびっくり

Ph20060050302 夕方は佐渡に沈む夕日を撮影

Ph20060050303 夜は新潟のYカメラにフィルムの買出し・・・買っておいたフィルムを家に忘れて来ました・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月2日 天竜川に緑が映る

 天気予報大外れ。しばらく晴れ続きの予報が朝起きてみればびっくり。土砂降りの上に雷が鳴りまくっている。とても撮影になるような状況ではない。それでも9時ごろには、なんとか雨も収まった。
 今日の撮影ポイントは天竜川に沿った飯田線。新緑の状態はベストで、雨上がりでしっとりとした様子になっている。快晴の空にきらきら輝く新緑も良いが、しっとりとした山あいも悪くはない。朝方荒れていた風も昼には収まって天竜川のダムに新緑が美しく映ってくれた。夕方には五月晴れになってきたのだが、すでに時遅しで撮影は終了。この頃からまた風が吹き始め、とにかく寒くなってきた。昨日までの暖かさとうって変わったこの寒さ、気をつけないと風邪をひいてしまいそうだ。
 夕方は飯田の町で買い物をして、移動開始。明日は新潟の水田地帯を狙おう。

Ph20060050201 朝の空は真っ黒。雷もすごい

Ph20060050202 天竜川にかかるこいのぼり、渡しの船が良い感じ

Ph20060050203 突然やってきたキヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日 大井川、五月の風

 真っ青な空というまではいかないものの、天気も十分にいい。先日から狙っていた茶畑と大井川を入れるポイントに早めに向かう。これだけきれいな状況なので、普段ならば撮影することの少ない電車列車も真剣に撮影。これが、本日のベストカットになったりして。
 今日のSLは2往復、淡い緑色に染まった茶畑の中で、いろいろとアングルを変えられて楽しい。2本目のSLにはお店が休みのラーメン屋まるさんと東京から来ている手塚夫妻も合流して撮影になった。日本各地で30度を超える夏日になっただけあって大井川の沿線も暑い。川から吹く風が冷たくて気持ちいいものの、やっぱり煙は超少な目・・・でも、いい感じの撮影になった。
 昼からは田野口駅前のお店でおでん。こうなると撮影より話の方に夢中で、帰りの列車を撮影に出たのは通過十分前、それでも悪くないカットに。
 明日の撮影に備えて、田野口から飯田に向かう山道を選んだ。これが間違いの元、飯田までの170キロのほとんどがワインディング。特に天竜川までの120キロはず~っとハンドル切りっぱなし。山道はキライなほうじゃないけれど、さすがにバテバテで到着。

Ph20060050101 今日も茶畑の中で汽車を見送る

Ph20060050102 緑のお茶

Ph20060050103 田野口でいただいたお茶の天ぷら。ほのかなお茶の香りがすばらし!

Ph20060050104 午後はおでんを囲んで

Ph20060050105 夕暮れの頃飯田線沿線に到着、でもまだまだ走る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »