« 2月17日 山形で冬戻る | トップページ | 2月19日 村上城址 »

2月18日 冬と春・最上川の乱

 一年を通じて撮影していると、季節の変わり目を感じることがある。それも単に変わっただけではなくて、せめぎ会いを感じる。今日がそんな日だった。
 朝起きると強い吹雪が吹いていた。かなりの量が降っていながら木々には雪が付かない。典型的な春の雪だ。最上川に沿って下ると、いつのまにやら空は青く、風もない。列車待ちの間に出会ったおばあさんからは「今日は暖かくていいでねぇ」などと話をしてもらうほど。これはいい。と、最上川を見下ろす橋の上に立っていると、背中から冷たい風が吹き始めた。振り返ると川の向こうが白く煙っていた。徐々に近づき一気に猛吹雪の中、そこらじゅうが真っ白に。
 今日のところは冬が優勢のよう。ただ、春は着実に力をつけているみたいだ。

ph-20060218-01 午前中の天気は真っ青な空。気持ちよく暖かい

ph-20060218-03 吹雪で風景は真っ白

ph-20060218-02 風が弱くなると、大粒の雪が舞い落ちる

|

« 2月17日 山形で冬戻る | トップページ | 2月19日 村上城址 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日 冬と春・最上川の乱:

« 2月17日 山形で冬戻る | トップページ | 2月19日 村上城址 »