« 11月5日 大船渡線猊鼻渓 | トップページ | 11月7日 花輪線大荒れ »

11月6日 花輪線の晩秋

 朝起きると岩木山が見えている。昨日に引き続き少々霞はかかっているのだが、それほど悪くはない。朝の一回目は山バックの花輪線の撮影から。その後、好摩近くを取材しながら山へと向かう。
 昼ごろになって少々薄雲が出てきた。時を同じくして車が揺れるほどの強風が吹き始める。これはまいった。紅葉の葉が空を舞い・・・明日以降厳しいかもしれない。
 少し遅めの紅葉と思っていたのだが、いざ撮影に来てみると、それほど遅れている訳でもないようだ。撮影予定をいろいろと考える。
 昼ごはんは、花輪線恒例の小屋の畑付近にある豆腐屋さんで、豆腐、おから、ドーナッツを買って食べる。少々高めだがおいしい。
 夕方3時まで撮影して、そのまま湯瀬温泉に入り、晩飯を食べ終わって7時。うとうとと寝てしまい、起きたら1時。それからデジカメデータ処理をして、日記を書いて・・・現在3時半・・・

pd-20051106-01 湯瀬温泉駅、この辺りは紅葉も終わりが近い

pd-20051106-02 花輪沿線の名物、りんどうも終わり頃。「最後なんで持って帰って」と言って頂いたのだが、しばらく帰らないので残念

|

« 11月5日 大船渡線猊鼻渓 | トップページ | 11月7日 花輪線大荒れ »

コメント

TBさせていただきまいした。

花輪線の沿線が地元です。
本当に何もない山里の中を、のどかに走るだけの鉄道なんですが、東京に出てきてかなり時間が経ったということもあり、前よりも愛着が沸いてきています。

投稿: タウム | 2007.12.01 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73211/6938255

この記事へのトラックバック一覧です: 11月6日 花輪線の晩秋:

« 11月5日 大船渡線猊鼻渓 | トップページ | 11月7日 花輪線大荒れ »