« 11月6日 花輪線の晩秋 | トップページ | 11月8日 陸羽東線・寒冷前線通過 »

11月7日 花輪線大荒れ

 とにかく激しい天気だった。鹿角市で起きて外を見ると雨。天気予報通りだと思うと、突然晴れてくる。と思えばどんよりと曇る。そんな天気が一日続いた。晴れの確立は10%程度なのだが、列車が来る時の確立は50%。上々だ。
 紅葉は山あいの一部を除いてなんとかもっている。ただ、風が強烈。見ている間に木が丸裸になっていくような感じ。ここ数日で花輪線の紅葉も終わりかもしれない。
 東北北部、日本海側の天気はしばらく悪そうな気配。青森秋田を中心にしばらく撮るつもりだったが、またまた予定を変更して宮城まで約300キロ移動。

pd-20051107-02 雲が開いて青空になるとくっきり

pd-20051107-01 花輪線名物の国鉄色のキハ58、どんな背景でも絵になる色だ


|

« 11月6日 花輪線の晩秋 | トップページ | 11月8日 陸羽東線・寒冷前線通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月7日 花輪線大荒れ:

« 11月6日 花輪線の晩秋 | トップページ | 11月8日 陸羽東線・寒冷前線通過 »