« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

7月31日 夏休みの日曜日

 朝起きると天気予報に反して青空が見えている。予定では昨日撮りきれなかった越後線の取材から始めるはずだったが、少し寄り道して信越本線の鯨波で撮影。夏休みの日曜日と言うこともあって朝早くから海水浴場は大賑わいだ。少し曇り始めたところで本来の取材を開始。なんとか昼過ぎまでには越後線の取材を終わらせた。
 午後からは北越急行ほくほく線に移動して休日に運転している「ゆめぞら」に乗る。こちらもトンネル通過時に天井に広がる花火の映像に観光客が見とれる。夏休みの休日を実感できる一日だった。しかし、暑さに慣れていないうちに少々飛ばしすぎ。夕方にはぐったり・・・

pd-20050731-01 鯨波海岸では熊谷からの快速くじらなみをキャッチ

pd-20050731-02 ほくほく線の「ゆめぞら」今月は「花火」が天井に広がる(土休祝のみ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月30日 新潟着、真夏へ

 地面に降りても、なんだか揺れているような気がする。ふ~わふ~わと変な感じだ。朝飯も食えるのだが、胃のほうも調子が出ない。まあ、あんまり揺れには強いほうではないし、仕方がない。ひと休みがてらメールの対応をする。なんだかんだで2時間以上掛かってしまった。その間に体調も絶好調!さあ撮るぞと気合を入れたところで雲間から太陽が姿を現した。きっつ~~~っ!暑いったらありゃしない!いきなりくらくら・・・
 今日からは中央上信越の取材を開始するのだが、北海道の涼しさに慣れた体で暑い夏を乗り切れるのだろうか!? 

pd-20050730-01 越後線の撮影開始

pd-20050730-02 お昼は新潟の駅弁。最近駅弁ツアーをしているような気がしてきた

pd-20050730-03 弥彦駅では観光協会から来た女性駅員さんも活躍


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月29日 揺れる日本海

 小樽の朝は曇りから小雨がぱらつき始めるあいにくの天気。ただ、北海道を出るのに最高の快晴になることを考えれば、うってつけの天気かもしれない。朝早めに起きだして、潮祭りの準備を見たり、駅のスナップ、駅弁を買ったりしているうちに出航の時刻。乗り込むときには本格的な雨になっていた。
 フェリーの日本海ルートは比較的揺れないので、いつも助かっている。ただ、今回は違っていた。出航とともに軽い揺れが始まり、津軽海峡を横切る頃には土砂降りの雨とけっこうな揺れ、深夜に向けて更に強くなる。まるで冬の航行のような状況。船内で多少お仕事をしようと持ち込んだパソコンも、少し使うだけでくらっと来てダメ、結局ビール呑んでは寝るの繰り返して新潟港へ着いた。

pd-20050729-01 小樽→新潟フェリー、乗船時には雨が

pd-20050729-02 小樽港ではカモメが送りに

pd-20050729-03 雨の航海、この後けっこうな揺れになっていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月28日 雨のカシオペア

 深夜に目が覚めた時には快晴で満天の星だった。北海道撮影の最終日に快晴の一日を迎えられると確信したのだが・・・6時に起きてみれば、きっちり雨・・・まったく、もぉぉと嘆いても仕方がない。レインウエアに身を包み朝の撮影を開始。カシオペア>トワイライト>北斗星とそうそうたる一団が小雨の中通り過ぎていった。
 結局晴れてきたのは昼近くなってから。なんとか数カット青空の写真が撮れて、まあまあ満足。明日のフェリーに乗るために小樽へと向かった。

pd-20050728-01 小雨振る中カシオペアが駆けてきた

pd-20050728-02 北斗星も暗い中

pd-20050728-03
 老駅近くに保存されていたD51333。夕張線で現役を見て以来約30年ぶりの対面


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月27日 台風接近

 この季節には珍しく北海道に台風が接近した。直撃だけは避けられたものの、朝から強めの風と雨。この際休息日とばかり滝川あたりでゆっくり過す。
 午後からは、根室本線に撮影に出るものの結果はイマイチ。まあ、こんな日もある。
 これから一週間の天気も、あまり良さそうにない。明日カシオペアを撮影して、明後日には本州に戻る予定。

pd-20050727-01 根室本線のラベンダーエクスプレス。撮影場所は良いのだが、いかんせんこの天気では・・

pd-20050727-02 夕方、ようやく太陽が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月26日 宗谷・石北・函館本線

 完璧ではないものの、数日振りに青空を見た。これは撮影しなくては!と言うコトで、朝から宗谷本線の塩狩峠、特急通過後は石北本線に移動して特急オホーツクの撮影、少々曇り始めて、函館本線の電化区間に撮影。ばたばたと走り回る一日だった。
 なんか、久々に鉄道撮影をした気分
 本州方面は台風でたいへんらしい。北海道は明日がピーク。夕方には生暖かい、いやな風が吹き始めた。

pd-20050726-01 雲も多いが、ようやく青空が見えた

pd-20050726-02 塩狩峠は天気も良かった

pd-20050726-03 石北本線の沿線にはそば畑がいっぱい

pd-20050726-04 特急ライラック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月25日 十勝三股の朝

 「廃止になった士幌線、その終着駅が十勝三股だ。林業が盛んな頃は200世帯以上の町だったが、林業の衰退とともに町の人々も三股を離れた。今では2世帯7人のちいさな集落になっている・・・」
 そんな記事を書くために三股に訪れたのは8年前。それから妙に気に入って、季節を変え、年を変えて度々出向くようになった。昨日の夕方も三股山荘を出た後で、隣の友人宅に招かれて結局夜遅くまで呑んで、朝ものんびりと起き出す、いつもの三股のスタイルになった。
 天気はあまり良くはないものの、士幌線のアーチ橋の様子を見て廻り、昼過ぎに出発。夕方には旭川に着いて洗濯タイム。なんとものんびりとした一日が過ぎた。
 それにしても、二日間まったく鉄道を撮っていない・・・いいんだろうか?・・まあ、いいか・・

pd-20050725-01 釣りたてのオショロコマを薪ストーブで焼いていただいた

pd-20050725-02 同じく友人宅を訪れていた方の料理。オショロコマ、ニジマス、サクラマスのあんかけもご馳走に

pd-20050725-03 今でもかかる十勝三股駅の料金表。これの撮影をお願いしたのがお付き合いのきっかけだった

pd-20050725-04 最初に来たときには橋の上に白樺が並んでいた三の沢橋梁、手すりが着いて遊歩道になっていた。遊歩道は昨日開通だったとか

pd-20050725-05 60年近く前に湖に沈んだタウシュベツ川橋梁。以前に見たときより風化が進んでいた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月24日 エゾナキウサギ

 朝からちゃんと(?)天気が悪くて予定通り然別へエゾナキウサギを見に行く。数年前に来たときには、二日間ずっと出っ放しだったのだが今日はどんなものだろう。
 然別へ続く道は深い霧の中。ところが峠を越したとたんに綺麗な青空へと変わった。真っ青な水を湛えた然別湖、取り囲む山を越えた雲が湖面へと注ぎ込む感動的な風景にしばし見とれてエゾナキウサギポイントへは昼前の到着になった。
 ポイントへの道で出会った人は、たいてい今日はあんまり出ないねぇと少し残念そう。これは少々長丁場になる予感。がれ場に到着してしばらくしても鳴き声も聞こえない。ちょろちょろするエゾシマリスを撮影しているうちに2時間が過ぎた。天気はどんよりとした曇りに変わった頃、やまのあちらこちらから泣き声が。そして感動のご対面。どうやら今年生まれたチビらしい。その後も30分に1回くらいのペースで顔を見せてくれた。気付けば5時間、がれ場で遊んでいた。
 夕方には十勝三股の喫茶店「三股山荘」に寄る。1年半ぶりに立ち寄り、いつものように店主の田中さんとお話。いつのまにかあたりは薄暗くなっていた。

pd-20050724-01 ナキウサギが出るまで、シマリスに遊んでもらう

pd-20050724-02 ご飯のあと、手のお掃除(拡大してみてね)

pd-20050724-03 出ました!ナキウサギ。ちょっと冬毛が残っていてぽろぽろ、でもかわいい

pd-20050724-05 廃止になった士幌線、十勝三股にある三股山荘。一番お気に入りの喫茶店。そしてお気に入りの窓風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月23日 釧路湿原ノロッコ号

 本州で梅雨の明ける前後は北海道の天気が不安定。特に道東は天気が悪いのは分かっていたのだが、なんとかなるだろうと思っていた。しかし少々甘いようで、今日も朝から曇天が続いた。釧路湿原で釧網本線のノロッコ号を撮影。やはりあまり広い風景は撮れない。仕方がないというわけでもないのだが、ノロッコ号に乗車。最前面に陣取って風景を楽しむ。これはなかなか面白かった。残念ではあるが天気ばかりは仕方がない。涼しいのをいいことに、一日のんびりと過し、明るいうちから移動して、十勝川温泉でゆっくり。
 更に明日全道的に天気が悪くなるようで鉄道撮影は断念。オフ日にして、久々に然別へナキウサギを見に行くつもり。ちゃんと出てくれるかは??

pd-20050723-01 野性味0%

pd-20050723-02 ヲイヲイ・・

pd-20050723-03 釧路湿原ノロッコ号

pd-20050723-05 釧路川をくだる親子連れ&犬のカヌー。到着したカヌーを出迎えて、しばし歓談

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月22日 別寒辺牛湿原

 別寒辺牛湿原=べっかんべうししつげん、と読む。厚岸と糸魚沢の間に広がる湿原だ。
 カキで知られる厚岸は今日も朝から曇り空。半袖では寒いくらいだ。避暑に来たと思えば最高の気候・・・と、少々ヤケ気味。根室本線の先端、ローカル区間の撮影を開始。どうもこの天気では丘に登る元気も出ない。スナップ中心の撮影になる。列車の合い間に厚岸水鳥観察館に立ち寄る。ここがけっこう面白い。近くの丘の上にライブカメラが設置してあって、自由にコントロールしてモニターで見られる。この丘が撮影ポイントなので、登る前に様子を見ることができそうだ。
 ところで、昨日書いた根室管内の丹頂の数。ここで聞いたところ、風連湖だけでも50羽を越えているので、17羽の観察はちょっと少な過ぎだとのこと。現在北海道の丹頂は1000羽を超えているとの事。
 午後からは釧網本線の釧路湿原に移動。新しいポイントを探して、けっこう丘を歩いてみたが、風景の綺麗な場所はあっても線路が見えない場所ばかりで残念だった。
 夜は更に冷え込んで、晩飯は湯豆腐・・

pd-20050722-01 水鳥観察館の窓から

pd-20050722-02 観察館に持ち込まれたオオセグロカモメのヒナ、けっこうでっかい。

pd-20050722-03 お約束のキタキツネ

pd-20050722-04 湿原に沿って走るローカル列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月21日 根室はストーブ

 案の定、朝は霧雨。ロケハンをしながら根室へと向かう。この季節、北海道各地でそうなのだが、線路脇の草が伸びで撮影しづらい。有名ポイント数カ所は撮影できるものの、新しいポイントを探すのは至難の業だ。
 あれだけ曇っていたのに、昼ごろ根室に着いた頃には驚くほどの快晴になっていた。最東端の駅東根室、納沙布岬と撮り歩いた。岬のレストハウスではこの季節なのに、まだスストーブを焚いている。快晴の下少々暑かったが、それでも違和感がないのには驚いた。
 夕方には霧多布の見える丘へ。分厚い雲の隙間から岬へ沈む夕日が感動するほど綺麗だった。

pd-20050721-01 天気が芳しくなくて、列車撮影はアップが中心

pd-20050721-02
 沙布岬へ向かう道では丹頂に出会う。インフォメーションで調べてもらったところ、差一昨年の調査で、根室管内の丹頂は17羽、市内では2羽の観測だったそうだ。キスゲの咲く中、2羽の丹頂に出会えてラッキー!

pd-20050721-04 夕御飯は根室駅の駅弁

pd-20050721-03 霧多布の見える丘から美しい夕日が見えた


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月20日 道東へ

 朝は千歳からスタート。しかし、今日から撮影を開始しようと思ったのに、こんな日に限ってどんよりとした曇りだ。今回の撮影目的は「道東」。天気が悪いうちに根室方面に移動することにした。
 途中、まあまあ天気が持ち直し、石勝線でちょっと撮影。また霧や雨になり始めたので移動を再開。池田ではヨメの要望で羊の牧場へ寄って話を聞く。羊の種類や牧草の話、羊牧場の問題までいろいろ話が聞けて面白かった。結局釧路へ着いたのが暗くなってからになった。気温は15度を割ってけっこう寒い。あたりは霧が立ち込めて明日の天気が心配。

pd-20050720-01 石勝線で撮影したスーパーおおぞら。この時はけっこう良い天気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月19日 北海道贅沢旅終了

 娘に甘い、とよく言われるが、まああまり否定できない。
 今回は高校入学したら北海道に連れて行くと約束していたのが、ようやく実現しただけに、けっこう贅沢目の旅になった。しかし、今日で娘は帰り、後はマジメに鉄道撮影を開始するつもり。
 けっこう各地の港に出かけることは多いのだが、不思議なことに小樽の港には行ったことがなかった。今回初めて小樽の漁港に行ってみた。決して大きくない場外の店だが、安い。獲れたばかりのイカが200円でさばいてもらった。塩水付けの小樽産ムラサキウニはけっこうな量が入って1800円。漁船の近くで朝ごはんにしていたら、市場の人がエビを持ってきてくれた。それもでっかい生きた甘エビ。もうむちゃくちゃおいしい。エビは透明でぷりぷり。ウニも食感があってクリーミー、イカもこりこり。最高の朝ごはんでした。
 昼は昼で札幌でスープカレー。以前札幌に住んでいた友人に電話して紹介してもらった店に行ったのだが、これまたコクがあって最高においしい(更に安い)。今日も堪能しました。
・・・仕事・・・写真撮らなきゃ・・・・
 夕方の便で娘が帰るのを見送って、気合を入れ直し!明日からは頑張ろう。

pd-20050719-01 小樽産のスルメイカ、ムラサキウニ、生きた大きな甘エビ。もう最高

pd-20050719-02 昼はスープカレー、これまた最高

pd-20050719-03 夕方には娘が東京へ

pd-20050719-04 お仕事開始


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月18日 うわさの旭山動物園

 旭川で目を覚ますと雷と土砂降りの雨。まぁ娘も来ていることだし今日は鉄道撮影お休みに決定!と、言うコトで最近人気の動物園で話題の旭山動物園に出かけてみた。
 天気が悪いので空いているだろうと思ったのは大間違いで、連休中ということもあって大賑わい。決して広い動物園ではないのだが、ただ動物が居るだけでなく、ものすごく近くに感じられる工夫が面白い。頭のすぐ上の網に寝ているヒョウ。大きなパイプの中を泳ぐアザラシ。サル山ではサルの遊んでいるのと同じ遊具が外にも設置してあったり・・・かなり楽しめる。真冬にも開いているようなので、冬にもぜひ来てみたい動物園だ。
 夕方は小樽まで移動して、少々町中を散歩。きっちり観光気分の一日になった。
 明日は札幌の予定。

pd-20050718-01 観客の間を泳ぐアザラシ

pd-20050718-02 ユキヒョウは頭のすぐ上で昼寝。でっかい肉球も良く見える

pd-20050718-03 夕方には晴れた。小樽をちょっと散歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月17日 夏ファーム富田

 ファーム富田に着いたのは8時ごろ、なんとか駐車場が空いていて止められたのだが、準備をしているうちに駐車待ちの列が出来るほど。場内もかなりの混雑だ。
 天気は日差しはあるものの青空は少ない。十勝岳はガスの中に消えている。今日はゆっくりと花の撮影に決め込んだ。
 今年の天気からして、少々花の時期が遅いのかと思っていたが、ほとんど例年通りか、むしろ少し早目かもしれない。早咲きのラベンダーはどんどん刈り取られているところで、いつもなら7月25日ごろに見ごろになる「彩りの畑」もちょうど見ごろ。本当に今年の花は分からない。 更に困ったのが、畑の周りの木がかなり伸びていたこと。「彩りの畑」と列車は、工夫しないと撮影できない感じになっていた。
 夕方からは美瑛で少々鉄道と丘の撮影。だいぶ雲も出て暗くなり5時過ぎに撮影終了。夜はジンギスカンとサッポロクラシックで北海道満喫!

pd-20050717-01 早咲きのラベンダーは満開で刈り取り中

pd-20050717-02 ポピーは満開を少々過ぎたところ

pd-20050717-03定番の「すりばち」でトロッコをキャッチ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月16日 北海道ひづめ三昧

 ししゃもで有名な鵡川で起き出すが早朝は曇り、時間が経つにつれてなんとか青空が見えてきた。まずは富川近くの鉄橋で北海道にご挨拶代わりの一枚。
 今日の予定は、鉄道撮影ももちろんあるのだが、ムスメの要望によりケンタッキーファームで乗馬の予定。もちろん私は乗れない。午前中にヨメとムスメを置いて、とりあえず撮影に、昼からは牧場でムスメの乗馬にお付き合い。好きなだけあってけっこう乗るもんだ。
 午後からはようやく本格的に撮影を開始する。残念ながらガスが出ていて、せっかくの日高本線の海も狙えずに牧場と列車の撮影に専念する。しかし、牧場に出たのはエゾシカ。けっこう面白い撮影になった。それにしても、ウシ、ウマ、シカ・・今日はひづめのあるヤツばっかりの一日だった。
 明日は富良野の予定。

pd-20050716-05 昼はムスメの乗馬にお付き合い

pd-20050716-01 乗り終わっても、まだ遊ぶ

pd-20050716-03 牧場で撮影していたつもりが、エゾシカの撮影に

pd-20050716-04 「うま」と「しか」・・・おそまつ・・・(拡大してみてね)

pd-20050716-06 一応鉄道写真も

pd-20050716-02 晩飯のおかずは、鵡川のししゃも。味はオスの方が魚らしくておいしかった

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月15日 終日フェリー

 いつもの北海道と少し違うのが同行者。今回はヨメの他にテスト休みに入った娘も同行。ただし3~4日で先に帰宅する。この数日間は、撮影だけというワケには行かない模様だ。
 揺れを心配していたが、穏やかで良かった。途中宮城県沖ではイルカも見られたが、数回ジャンプするだけで撮影する間もなく海に消えてしまった。
 仕事のケリを付けてきたと昨日書いたが、実はそうでもない。まず昨日の夕方届いた中国DVDのチェック。ものすごく良い出来にはなっているのだが、細かいところを見ると、まだまだ気になる点がある。時間単位でチェックして修正依頼のリストを作成。更にナレーションを選ぶために送られたボイスサンプルをチェック。女性はめいちゃくちゃ気に入った声があり満足。ただ、男性はもう一度サンプルを依頼。

pd-20050715-01  津軽海峡付近は霧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月14日 夏の北海道へ

 ここ2週間家暮らしが続いた。それでも、なんとか近々に終わらせる仕事にけりをつけ、機材の準備をして、夕食後の出発。
 フェリーは大洗から。今日は少々小さめの船「みと」だ。
 だいぶ離れているとはいえ、台風も発生している。決して揺れには強いほうではないので、揺れないことを祈りながら乗船。ビールを2本ほど空けて就寝。
 
pd-20050714-01  大洗のフェリー待ち、夏休みも近くてけっこう混んでいた


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月13日 除湿機ぱんぱん

 昨日見つけたネガやポジをスキャンして資料を作って、夕方から打合せへ行く。打合せそのものは30分で終了。とりあえず、緊急のお仕事は終了。
 ところで、梅雨はまだまだ続いている。部屋の中は湿気でいっぱい。ネガポジはあるし、機材はあるし、夏の間は除湿機をかけっぱなしになる。毎日2~3リットル取れるほど。
 エアコン回しっぱなしというワケにもいかないので、けっこう大変だ。

pd-20050713-01  除湿機、今日も満水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月12日 三十数年のタイムスリップ

 企画の監修をやっているグッツ関係で古い写真が必要になった。それもD51やら、キハ82特急やら・・結局30年以上前のポジからひっくり返して探すことに。注意すべき点は関係ないカットに見入って止まらないこと。と言っても、いろいろ撮ったなぁ。
 目的のポジはなんとか見つかりひと段落。ところが終わって部屋を見てみると・・・とんでもないことに・・・

pd-20050712-01  机の上でもこんな感じ、周りは見せられません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日 半徹夜明け

どうにも体力がなくなった。明け方寝たものの起きれば昼近く。まったく無理が出来なくなってきたのが悲しい。結局午後から起きだして、なんとか事務整理&ポジの整理で終了。なんか、あっと言う間の一日だった。

pd-20050711-01 先週に引き続き週刊現代の絶対鉄道主義を担当させていただいた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日 週末の編集作業

 なにやら週末の恒例になってきた編集作業、今日も編集室に入ることになった。だいぶ作業も進んで来たので、チェック内容はだいぶ細かいところへ。もう少しという感じになってきた。例によって終了は明け方、変える頃にはきっちり明るくなっていた。

pd-20050710-02 午前中には編集関連の買い物で秋葉原へ。新しい建物も立って、町の様子も変わってきた。

pd-20050710-03 駅周辺は歩行者天国に。車止めづらい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月9日(土) 梅雨本番

 梅雨が始まってしばらく天気が良かった。おかげでだいぶ撮影が進んだのだが、さすがにここに来て梅雨らしい天気になってきた。特に西のほうではシャレにならない大雨。もう少し穏やかな梅雨になって欲しいものだ。
今日は秋向けに依頼していただいた写真のセレクト。なんとかご要望のカットを揃えられて一安心。
少し前に調子が悪くなってそのままになっていたSDカードをチェックしてみた。当然データは読み出せず、フォーマットも出来ない。「危ない!」と思って取り出してみると、案の定SDカードが溶けて膨らんでいる。ちょっとだけ指先にヤケドした。これ以上入れていたらパソコン本体も危なかった。
以前、カードメーカーのサービスに聞いたことがあるのだが、保証期限が切れた後のカードは、修理も出来ず「寿命」というコトで廃棄なのだそうだ。まだまだ使える512Mbカード・・・もったいない。
ちょっと前には大容量のCFカードとカメラのソフト問題で、データは消えたし・・(現在は対策済み)、デジタルカメラも、この辺がつらいところだ。

pd-20050709-01 解けて膨らんだSDカード


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月8日 土鍋のご飯

 最近佐々倉家のブームといえば土鍋のご飯。少し炊き方にコツがいるものの、炊飯器に比べて一粒一粒が立った感じが良い。ご飯を噛みながらお米の味を楽しめる感じがする。あと、驚いたのが冷えてからの方が炊飯器との差が出ることだ。炊飯器のご飯はぺたっとした感じになるのに対して、土鍋のご飯は冷えていても食間が変わらない。冷や飯の塩むすびとかかなりおいしい。
 仕事の方は継続してポジの整理。けっこうサボっていただけに、ぜんぜん終わりが見えてこない。悪天候時にはポジ整理、好天時には近場の撮影がパターンになりそう。

pd-20050708-01  万古焼の土鍋、これで3~5合炊ける

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月7日 蒸し暑い東京巡り

 梅雨の季節とは言うものの、あまり雨も降らない。今日は曇っているものの日差しがあって蒸し暑い。朝から家を出て、午前中にDVDの打合せ。この時点で十分汗をかく。昼からは新宿界隈で撮影、更に汗をかく。夕方からは現在進行中の本の打合せ、当然夜は新橋でビール。まぁおいしかったこと。
 そういえば、今日は七夕。

pd-20050707-01 新宿の定番。写真もなんとなく蒸し暑そう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月6日 生き物飼いたい!

サイエンスライターの友人、木村義志さんから著作本をいただいた。子供の頃の虫取りから大人ならでは?の飼育まで徹底的に生き物との係わりがこれでもかと続く。(まだ終わってないけど)一気に読み進んでしまった。まあ、ご本人が家中水槽、爬虫類から、一時は知り合いが飼いきれなくなったアライグマまで飼っていたそうで、話を聞いていても飽きることがないほど。本が面白いのも当然という感じだ。
またまた、いろいろ飼いたくなった。子供の頃は家が店屋で留守になるというコトのない家だったので色々飼った。犬ネコはもちろん、ハト、ウサギ、シマリス、インコ、文鳥・・・あたりは普通で、虫はもちろんイモリ、ウシガエルからミジンコまで、手当たり次第に飼ったような気がする。飼ってないのは牛馬くらい?・・私の生まれる2年くらい前までは家に二十数頭牛が居たらしいけど・・当然知らない。
ところが因果な鉄道写真家・・・家を空けることが多い。当然手間のかかる生き物は難しい。結局今はカメと先日書いたデグーだけ。いろいろ飼いたいんだけどなぁ。
 今日は、ポジ整理のあと、年末に出る鉄道グッツ関係の監修打合せ夜までお仕事。

pd-20050706-01 夏休みにお薦め!!ちくま文庫の「生き物を飼うということ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月5日 家暮らしスタート

 短期の南東北撮影を終えて、打合せや作業予定が詰まっていて今日からしばらくは家暮らしになりそう。本格的な梅雨にあわせて予定を組んだのだが、予定通りになるんだろうか?
 まずは、撮影データと機材の整理、それもなんだかタラタラとやって一日終了。

pd-20050705-01 コンパクトデジから出てきた画像。五能線色のディーゼルカーだが只見線で撮影したもの。橋に乗られて壊れた車両の代わりらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月4日 山形鉄道花めぐりⅡ

 2週間ぶりに訪れた山形鉄道、前回は菖蒲園が咲き始め、ゆり園はまったく咲いていなかった。今日はゆり園が一部の品種で見ごろ、全体では2割の開花というところ。思った以上に会場は広くて全部咲いたら相当なもの。菖蒲園の方は残念ながら盛りを過ぎた感じ。3日ほど前が満開だったそうな。微妙・・・
 いずれもなんとか見られるアングルを探して撮影完了。午後には雨が降り始めて撤収。天気予報を見る限り週の後半まで悪天候が続きそうなので、今回はこれにて撮影終了して深夜に帰宅。
 ちなみにゆり園の見ごろは7月20日になりそうで、予定の開花期間7月20日は延長するかもしれないとのコトでした。

pd-20050704-01 ゆり園では品種によっては見ごろ

pd-20050704-02 菖蒲園はぎりぎりセーフな感じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月3日 SL三昧の日

 昨日よく呑んだ割には朝早く目覚めた。そのまま磐越西線各駅の取材を開始。昨日寝過ごして撮れなかった猿和田駅のあじさいとC57を快晴の下GET!普段はあまり追わないのだが、今日はスナップしながら山都まで走った。けっこう撮れたのだが、真夏のような気候で煙はほとんどなし。
 午後は磐越西線の電化区間に移動して「SLあかべぇ」を撮影。夕方から天気が悪くなり始め気温も下がる。露出は取れなかったものの、夏とは思えない煙でD51が通過。満足満足。夕方からは明日の撮影のため米沢に移動。

pd-20050703-03 猿和田駅のあじさいもようやく撮影。近くに居た方から「昨日は三脚置いてどちらに行かれていたんですか?」と聞かれて顔から火が出そうに・・

pd-20050703-01 珍しく車で汽車を追ってみた

pd-20050703-04 山も煙も夏っぽい

pd-20050703-02 お昼ごはんは日出谷のとりめしと昨日食べられなかった山都のそば弁当

pd-20050703-05 夕方のSLあかべぇ、良い煙!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月2日 夢の中の蒸気機関車

 汽車を撮影している夢を見た。ととん、ととん、と軽快な音を立てて汽車が近づいてくる・・・はっと起き上がると目の前をC57が通過!!・・・
 昨夜、夜通し走って新潟に着いたのは明るくなり始めた頃。撮影ポイントを決めて車の中でうとうと・・というより爆睡していた。ついこの間、磐越西線に撮影に来て、朝になってから列車が来ないのに気付いたが、またまた大失態。撮影に来ていた皆さんがカメラを片付けて立ち去るまで、恥ずかしくって車から出れませんでした・・はぁ・・
 まあ、やってしまったコトは仕方がない。リカバーすべく、山都駅のスナップを開始する。撮影前にお弁当屋のおばさんに「帰りに買うからひとつ残しておいて」とお願いしておいた。イベントの太鼓や、ホームのスナップを撮り終えておばさんの所に戻ると「あれっ?さっき同じ体型の人が来たんで、間違えて売っちゃった」・・・そりゃまぁたしかに・・・
 夜は会津若松の健康センターでカメラマン数名といっぱい。

pd-20050702-02 夏雲の下、山都駅を発車するC57

pd-20050702-01 午後は会津若松のSL同時発車を撮影

pd-20050702-03 夕方は山都の鉄橋へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月1日 半年終了

 あっという間に今年も半分終わり。振り返ってみれば、ずいぶん色々な事をしたような、何も出来なかったような。ついつい日記を振り返ってみたりする。
 総括して、計画性がない。予定ばかりが先行して、きっちり片付けてないものが多すぎる。反省。今年の後半は、この点を踏まえてきっちり進めてゆこう。
 西の方では大渇水。関東から北は梅雨空。夕方までに、なんとかお約束していた原稿と、ポジセレクトを終えて発送。夜になって新潟方面に撮影スタート。

pd-20050701-01 青春18きっぷ夏の号(学研)の見本誌が届いた。夏空ももうすぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »