« 1月8日 モンゴルの軽いジャブ | トップページ | 1月10日 世界最高の食堂 »

1月9日 石炭の香りがする町

 林東賓館を朝7時発、ホテルを出ると町全体に霞がかかったようになっている。外にでると鼻の奥に石炭の香りが伝わってくる。中学校の時蒸気機関車を求めて始めて渡った北海道、その時夕張や追分の町で嗅いだ香りと同じだ。何度も経験したわけではないが、妙に懐かしさを覚えた。

 日中は大板(ダーバン)に向けて撮影しながら移動する。夕日が沈む前にダーバンの機関区へ。日が沈むまで、また夜にも機関区で撮影。夜は機関区の中で宿泊。

1月9日の行程:林東>撮影しながら>大板(機関区内泊)

pd-20050109-04林東、ラマ塔の丘から

pd-20050109-01夕暮れの機関区にて

pd-20050109-03防寒カバーはこんな感じで使用

|

« 1月8日 モンゴルの軽いジャブ | トップページ | 1月10日 世界最高の食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月9日 石炭の香りがする町:

« 1月8日 モンゴルの軽いジャブ | トップページ | 1月10日 世界最高の食堂 »