« 1月15日 ムダ足は重い | トップページ | 1月17日 星空を行く汽車 »

1月16日 現地ガイド郭さん、ナイスッ!

 今回の撮影では、ほぼ半月の間ずっと現地ガイドの郭さんのお世話になる。北京空港から北京空港の見送りまでをお願いした。
 この郭さんは長春の生まれ育ちの30歳、学生時代は福岡にいたそうで日本語も分かりやすい。何より日本人の感覚を分かってくれているので、道中国民性の違いから不満に思うことはなかったし、同行のKさんが帰国してからはずっと話し相手になってくれていた。当たりは柔らかいが、長春では武道のチャンピョン、家に居るときには朝食前に鍛えているというのも心強い。
 撮影中も頑張ってくれた。本来の仕事ではないのに、山の上まで三脚搬送。お願いすればビデオの2カメを回してくれたりもして、効率的にも非常に助かった。蒸気の情報収集にも走り回り、列車内ではモデルも(笑)
 まあ、中国人としてはちょっとオシの弱いところもあって、これまた付き合い易かった。

 この日、昨日撮れなかった東行きの重連が2本。ほぼ熱水でも撮影目的もクリア。これも郭さんのおかげ!

1月16日の行程:熱水>径棚西側で東行きの列車を撮影>熱水(泊)

pd-20050116-01 ガイドの郭さん、ずいぶん世話になった

pd-20050116-02 朝一番の撮影は径棚近くの橋梁で撮影。車は凍りついた川の上

pd-20050116-03 お昼は岩山を登って、郭さんが持ってきてくれたラーメン。この日はマイナス10度くらいで風も弱く、フリースだけですごせた。防寒着のいらない暖かい一日

pd-20050116-04 馬の背の岩山で撮影。少しでも風が吹くとけっこう怖い

|

« 1月15日 ムダ足は重い | トップページ | 1月17日 星空を行く汽車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月16日 現地ガイド郭さん、ナイスッ!:

« 1月15日 ムダ足は重い | トップページ | 1月17日 星空を行く汽車 »